大宮図書館

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
  • facebook
  • Twitter

文学資料コーナー

大宮図書館文学資料コーナー

歌人・大西民子をはじめ、短歌、俳句、詩を
中心にさいたま市にゆかりのある文学者達の
資料の展示を行っています。

第9回企画展「歩き続けた日 ―民子と戦争―」

ポスター

太平洋戦争中に青春時代を過ごした大西民子は、戦争で亡くなった人々を悼む歌や釜石市で教員をしていたころの戦争体験をもとにした歌を詠んでいます。

今回の展示では、当時の資料やのちに戦争への思いを詠んだ歌から、戦争を経験した民子の歌を振り返ります。

是非、図書館三階文学資料コーナーへお立ち寄りください。

<< 次回展示予告>>

第10回企画展「パネル展示-作家たちがみた大宮 ①大宮公園と文学者たち-」

2021年9月7日(火)~11月4日(木)

明治から昭和初期にかけて、大宮公園(氷川公園)には武蔵野の面影が色濃く残り、避暑地の一つとして多くの人たちが訪れていました。中には正岡子規や夏目漱石、寺田寅彦といった著名な文学者たちも足を運んでいます。

今回は大宮公園にゆかりある文学者五人を作品とともに紹介し、当時の大宮公園の写真などをパネルで展示します。

  • 過去の展示はこちら
  • さいたま市ゆかり大西民子