大宮図書館

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
  • facebook
  • Twitter

文学資料コーナー

大宮図書館文学資料コーナー

歌人・大西民子をはじめ、短歌、俳句、詩を
中心にさいたま市にゆかりのある文学者達の
資料の展示を行っています。

第16回企画展
「うたをゆたかにするものー民子の愛した絵の世界ー」

ポスター

大宮ゆかりの歌人・大西民子は、歌を作るにあたって、絵画からも多くの影響を受けており、絵のことを「歌をゆかたにするもの」と表現しています。そのためか、民子の歌には絵や画家の名前が度々登場します。

また、民子自身は岡鹿之助といった画家の絵を好み、岡鹿之助の絵のような歌を詠みたいと目標にしていたほか、自宅に絵も飾ったりと、絵に親しんでいました。

今回の展示では、絵画を題材にした民子の歌の自筆資料と、絵にまつわる民子の所持品を展示します。

  • 過去の展示はこちら
  • さいたま市ゆかり大西民子